banner

青汁を1日一杯から飲んで健康になろう

健康食品として知られる“青汁”にも花粉症を抑制する効果があることをご存知でしたでしょうか?
ということで、ここでは、「青汁の花粉症に対する効能」を紹介していきます。
花粉症で毎年辛い思いをしている方にはもちろん、薬を飲んで治すことに抵抗がある方にも参考にしていただければと思います。

花粉は人にとっては必要のないもの、つまり“異物”です。
この異物(アレルゲン)を体の外に排出するために、いくつかの抗体・物質が活発に働きます。
IgE抗体、肥満細胞にある抗体、ヒスタミンと呼ばれる化学物質、などがその代表例です。
そして、これらが体の外に表れると、くしゃみや涙、鼻水といった症状を引き起こすのです。
さて、花粉症のメカニズムをおおむね理解したところで、花粉症の原因(異物)を抑える青汁の主原料、“ケール”について詳しく説明していきます。

キャベツの原種であるケールは、アブラナ科の野菜で主に地中海沿岸が原産です。
現在日本では、青汁の主原料として全国で栽培されており、その栄養価の高さから“野菜の王様”とも言われます。
では、このケールが花粉症に効果的な3つの理由を、ケールに含まれる成分から見ていきましょう。

1.糖脂質とフラボノール配糖体
ケールに含まれる、“糖脂質”と“フラボノール配糖体”と呼ばれる2つの成分に、花粉を抑制する効果があります。
花粉アレルギーを引き起こす成分の1つに、“インターロイキン4”という因子があります。
糖脂質とフラボノール配糖体は、この因子を減少させる働きがあることが判っています。

2.食物繊維
食物繊維には、腸内環境を健全に保つ働きがあることは、広く知られています。
それに加えて、実は腸内には、「体の免疫組織の約60%~70%が集まっている」ということをご存知でしたでしょうか? つまり、腸はいわば「敵(異物)から体を守るための砦」なのです。
このことからも、青汁の食物繊維により腸内環境を整えることは、体の免疫力を高め、“異物”を排除・抑制することに大いに貢献します。

3.その他豊富な栄養素
加えて、ケールに含まれる豊富な栄養素(ビタミンAやカルシウムなど)は、体全体の免疫力を向上させる働きがあります。
たとえば、風邪を引いて免疫が低下していると、アレルギーに対する抵抗も弱くなります。
つまり、青汁に含まれるケールを初めとした栄養素は、“花粉の成分だけ”を抑制するのではありません。
免疫力を上げる青汁は、それが結果的に花粉症対策にもにつながるということです。

いかがでしたか?青汁の成分が花粉症対策にいかに効果的かがお分かりいただけたかと思います。
魅力はやはり、「花粉症だけを抑制するだけでなく体全体を健全に保つ成分がある」という点でしょう。
花粉症患者が年々増加傾向にある反面、青汁はネットや通販などでも手軽に入手できるようになってきています。
花粉症で悩まれている方は、青汁を毎日飲む健康習慣を試してみてはいかがでしょうか。
普通に青汁を飲んでいるだけでは飽きてしまうので、色々なレシピhttp://www.riffrag.org/ao6.htmlを試してみるなどです。
未来の自分の健康の為に、青汁を飲むことを始めるのは良い事です。
こちらのサイトでは人気の商品、青汁つづくが、紹介されています。
青汁の比較ランキングはこちらを参考にしてください。
http://xn--bpwzip43g96g.org/09rank.html
健康にはhttp://muine-player.org/sup.htmlのイソフラボンも効果的なので、青汁と一緒に試してみてください。

Copyright(c) 2013 健康.com All Rights Reserved.