banner

青汁と薬の飲み合わせに注意しよう

健康のために健康食品やサプリメントを愛用されている方は多く、ドラッグストアでも通販でも実に多くの種類の健康食品、そしてサプリメントが販売されています。
そして、健康食品やサプリメントは薬と違い、食品ですので、正しく使用すれば安全で副作用もないとされています。
でも、間違った飲み方をして、早く結果を出したいからと過剰に摂取してしまったり、そして薬を飲んでいる方の場合は、飲み合わせにも気をつけないと、その薬の効果がうまく発揮できない場合もあります。
それゆえに持病のある方は健康食品を利用するときは、医師と相談して一緒に飲んでも安全なのかどうか確認しておきたいものです。
健康食品には実に多くの種類がありますが、その中でも特に人気が高いもののひとつに青汁があげられます。
普段の食生活ではどうしても不足しがちな野菜の栄養がコップ一杯で摂れるのはとても便利なものです。忙しさから食事が不規則になりがちな場合の栄養補給やバランスを整えるのにとても便利な存在となっていますし、上手に利用すれば健康にもそして美容にも良い影響を期待することができます。
副作用などの心配もないように思える食品ですが、やはり治療中の方は気をつけておきたいものです。
青汁は野菜の栄養素が効率よく摂れるので、健康が気になっている方も利用を検討されていることが多い食品です。
でも、すでに治療中で薬を処方されている方は、一度確認しておくことが大切です。
青汁には出血のときに血液を固める効果のあるビタミンKが含まれていますが、このビタミンKは血液を固まらなくするためのワーファリンとぶつかって、お互いの成分が働くのを邪魔してしまうこととなってしまいます。
心臓病や脳梗塞で治療されている方は、ワーファリンが処方されていることが多いですから、気をつけたいものです。
それから青汁にはビタミンAやカリウムが豊富に含まれていますが、腎臓を悪くされている方や透析を受けている方は避けておくほうが無難です。
腎臓が弱っている人はカリウムがうまく排出されなくなってしまいますので、体内にカリウムを大量に溜め込んでしまう場合があります。
そして、これらの病気のほかでも、すでに治療を受けている方や、そして健康に不安がある方はやはり医師と相談しておくことがおすすめです。
とても健康に役立ってくれる健康食品ですが、間違った使い方をすると健康に影響が出てしまう場合がありますので、使用方法や特徴はしっかりと理解しておくことが大切です。
なお、イソフラボンも過剰摂取による副作用が報告されていますが、効果はさまざまあります。
http://xn--eck7bvd2a5dzc.net/syukanbyou.html
こちらのサイトの毎日続けられる緑健の青汁についての解説も大変参考になりますので、ぜひご覧になってみてください。

Copyright(c) 2013 健康.com All Rights Reserved.