banner

毎日青汁を飲んでいたら若返りを実感

年齢を重ねると便秘になりやすくなります。
便がなかなか出ずお腹が張り、便が出ても残便感があるなどの便秘の症状で悩んでいる人は多いと思います。
そんなときには青汁を飲むことがおすすめです。
青汁には栄養素が豊富に含まれており、便秘に有効な成分も含まれています。

便秘の原因には日々の生活習慣にあります。
肉や脂っこいものばかり食べて野菜をあまりとらないといった場合だと腸内環境が悪化して善玉菌の量が少なくなり、便秘になることがあります。
善玉菌は腸内でビタミンを生成したり身体の免疫力を高めたり、酸を作ることで腸内を常に酸性にしたりする役割があります。
生成された酸が腸を刺激することで排便が促されますが、この善玉菌が減少してしまうと腸内の酸が減少して排便が滞るだけではなく、免疫力も低下してしまうので病気になりやすい体になってしまいます。
また、ダイエットをしていて食事をあまりとらないことで便を作る量が少なくなり、直腸まで便が行かずにそのまま腸にとどまってしまい便秘になってしまいます。
便秘になったままだと体の調子が悪くなったりして他の病気を招く恐れがあるので、そうなる前に便秘を解消しておきましょう。

便秘を解消するには食事をきちんととり、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。
青汁にはケールや明日葉などの食物繊維が豊富な食材を使用しています。
食物繊維は腸のぜんどう運動を活発化する働きがあり、腸内に溜まった老廃物を除去し、快便を促す効果があるので便秘には効果てきめんです。
さらに青汁にはオリゴ糖が含まれています。
オリゴ糖には善玉菌を増殖させる効果があり、腸内環境を整えてくれるので便秘になりにくい体質になることができます。
パンケーキに青汁を入れることで小さなお子さんにも食べてもらえるようになります。

ただ青汁を飲む際には注意点があります。
それは青汁に含まれている食物繊維によっては便秘を悪化させてしまうものがあるということです。
食物繊維には2種類あり、水溶性と不溶性のものがあります。
水溶性は緑黄色野菜や果物、海藻に含まれている食物繊維であり、こちらを摂取すれば便秘を改善できます。
一方不溶性は穀物や根菜に含まれている食物繊維であり、こちらを過剰に摂取すると便秘が悪化する可能性があるので注意してください。

きれいな腸で若々しい毎日を過ごしましょう。
どうしても味が気になるという方は、サプリメントの青汁もあるので、そちらをお試しください。

こちらのサイトには、青汁を使ったレシピが紹介されていました。
また、こちらではサラサラ血液になる青汁効果についての解説が記載されています。ご覧になってみてください。

Copyright(c) 2013 健康.com All Rights Reserved.